岡崎のサント・スピリトで夜のコース料理!こなれた大人が通いそうなトスカーナ料理店!

みなさん、こんにちは。
岡崎市民歴丸3年になったばかりのニムラです。

私事ではありますが、先日、結婚3年目を迎えました。
結婚記念日は特別なお店に行くチャンス!とばかりに、以前から注目していたサント・ピリトさんにお邪魔してきました。
晴れパンさんやむさしの森珈琲さんを取材する道中、電柱看板で見かけていたのです。

予約をする前に調べてみますと、岡崎唯一のトスカーナ料理店とのこと。そして、ミシュランガイド掲載店!!

最近、ミシュランが続いております。私のように、一店舗訪問すると、他のミシュランのお店に行きたくなる方は多いはず笑

結論から申しますと、間違いなく名店です。
こういうお店と仲良くなって、趣味のいい大人になりたいなぁ、と思わせてくれました。

詳しくは記事にまとめましたので、ぜひ最後までご覧くださいませ。

この記事をざっくりまとめると

3つのポイント
① トスカーナ料理は普通のイタリアンとは違った!
② こなれた馴染み客になりたいお店
③ コース以外のディナーとランチについて

お店の場所と駐車場

冒頭で触れたように、サント・スピリトさんは晴れパンさんのご近所で、徒歩1分の距離。竜美丘会館通から一本南に入り、名鉄電車の線路手前にお店はあります。
イノシシの看板が目印ですよ。
駐車場を先にご案内します。
お店の前に駐車スペースが4台あります。第二駐車場に2台と第三駐車場に3台止められます。第二第三共に、お店から徒歩1分ほどです。

陶器のネームプレートが、イタリアらしい雰囲気を醸し出していますね。
おや。ミシュラン掲載のステッカーがさりげなく貼ってありましたよ。

初めてのお店は緊張しますが、入ってみましょう!


トスカーナの空気を感じさせる店内

サント・スピリトさんの座席配置が実に巧みでした。
外観の雰囲気と地続きになるように、店内にもドーム状にくりぬかれた白壁があります。それがお店を半分に仕切っています。
この壁のおかげで、開放感と個室のような遮蔽感が見事に両立していたのです。
座席のタイプは、キッチン側に付けられたカウンター5席、白壁の手前に2人かけテーブルが2卓。壁を挟んだ向こう側に4人がけのテーブルが3卓あります。
壁にかかった絵付け皿や、窓際に飾られたワインラベルには、イノシシのモチーフが多数ありました。
店主に聞けば、ご夫婦が修行時代に暮らしたトスカーナ州の名産が、イノシシだからだそうです。看板にもイノシシが使われていますし、トスカーナへの特別な思いが伝わってきました。

本日のコース内容(5000円税別)とドリンクメニュー

今回は初来店なので、一番ベーシックなコースにしてみました。
*前菜3種+パン+パスタ2種+メイン料理+ドルチェ(コーヒーor紅茶付き)
*一人5000円税別 ※チャージ代として一人300円税別発生します。

上記の写真の通り、その他にもコースがあります。
サント・スピリトさんがウリにしているのは、Tボーンステーキです。
T型のヒレ肉を豪快に炭火で焼き、味付けはシンプルに塩コショウのみ。トスカーナ料理の代表ともいえる一品です。

電話予約した際に、コースを注文していたので、着席時にはドリンクメニューのみの提示でした。
ワインリストは別冊になっています。
夜のアラカルトメニューと一緒に、後ほどご紹介しますね。
さあ、さっそく前菜一皿目が登場です!

前菜1皿目:スズキとハマチのカルパッチョ

これがトスカーナ料理です!とまるで自己紹介をしてもらったようです。
素材を活かし、シンプルに味付けをするのがセオリーだそうです。塩とオリーブオイルだけでハマチを味わうのは初体験でした!

前菜2皿目:生ハムのカプレーゼ

これまた、非常にシンプルで、イタリアンでよく見かけるお料理ですよね。
ですが、食べたら衝撃。
無名バンドかと思ってたら、覆面のレジェンドスターだった!くらいのサプライズ感がありました。
生ハム、高糖度フレッシュトマト、ブーリア州名産のモッツアレラチーズ、どれも主役を張れます。

前菜3皿目:花ズッキーニのオーブン焼き 黒トリュフオプション

この日、最も感動したメニューです!来店されるのでしたら、ぜひお勧めしたい!

写真では、花ズッキーニがパリパリチーズの下に隠れていますね。
小さいカボチャのような花は弾力があり、切り分けると中からマッシュポテトのようなものが出てきます。
ズッキーニの実とポルチーニ茸、リコッタチーズで作られた濃厚ホワイトソースでした。
それを、薫り高い黒トリュフと共に頂いたのです。
誰かー!白ワインをー!!と一人心の中で叫びました。

3皿目あたりから、お酒にあう味付けに変わり始めます。料理のギアが上がっていきますよ!

※黒トリュフオプションは、一人300円かかります。

パスタ1皿目:ホタルイカとエンドウのキタッラ からすみ添え

聞きなれないキタッラとは、トスカーナ料理でよく使われる生パスタです。
食べてみると、腰の強い混ぜ麺のような強い弾力がありました。
春らしいホタルイカとエンドウの組み合わせです。

パスタ2皿目:イノシシ肉のラグーソースとさつまいものニョッキ

出ました、トスカーナと言えばイノシシ肉!細かく刻まれているためクセは少なく、コクのあるミートソースに似ていました。さつま芋の甘さがホッとさせてくれます。

メイン料理 あいち鴨のロースト 西洋菜の花添え

鴨肉のイメージがひっくり返ったお肉です。固くてかみ切りにくいと思っていましたが、国産ブランドであるあいち鴨は、まるでローストビーフのようでした。
肉の旨味があるのに、脂っこくありません。お陰でメインディッシュの途中でも「お腹が苦しぃ」とはならず(笑)、気持ちよく食べきれたのです。

 

>>次のページへ!(ドルチェを実食!ランチについて)

1
2
ニムラ
岡崎のことをなんでも知りたい、名古屋出身の一児の母。財布を忘れてコメダに行くほどのおっちょこちょい。