岡崎にゅーす 岡崎×グルメ カフェ

岡崎藤川の伊藤園で本物いちごかき氷とパフェを味わうべし!

みなさん、こんにちは。ニムラです。
今シーズン初のかき氷を食べた、という方が増えてきた頃でしょうか。

今回は、注目スポットをレポートです!
イチゴシーズン最盛期には2,3時間待ちになるほど人気な、伊藤園さんの新店舗をご紹介します!

結論から申しますと、
本物のいちごが、最高のロケーションで味わえるお店です!

詳しくは記事にまとめましたので、ぜひご覧くださいませ。

伊藤園さんのおすすめポイント

① 1号線沿いでアクセスしやすくなった
② 開放感あるログハウスでリゾート気分
③ 凍らせた完熟いちごは本物の味!

1号線からの順路&駐車場は約12台分

お店は一号線から北へ入ったところにあります。
一段低い土地なので、1号線を走行中にはほとんど見えません。
ナビ検索で住所がヒットしないこともありますので、順路をご案内しますね。

step
1
1号線の信号「藤川町黒土」を北へ

step
2
山綱川の手前で右折

step
3
自販機と幟を通り過ぎ、駐車場へ

駐車場は、12台くらい止められます。線引きがない砂利駐車場です。

電車利用ですと、名鉄藤川駅から徒歩約10分になります。

以前のお店よりもアクセスしやすくなりましたね!
さて、敷地内はどのようになっているのでしょうか?!

施設紹介:カフェ&メロンハウス・イチゴハウス

敷地内の建物は、カフェとビニールハウスが合計で6棟あります。

現在はまだハウスにはいれませんので、ログハウスでカフェ利用するのみです。

観光農園コーナー

2棟あるビニールハウスで育てているメロンが、7月下旬ごろからスイーツになって登場するそうですよ。
イチゴハウスの方は植え付け前で、がらんとしていました。
来シーズンは、こちらでイチゴ狩りができるとのこと。

ログハウス

南北にのびるフラットなログハウスです。
最初に目に入ってくるのが芝生に面したテラス席ですが、入口は中央にあります。

ココがポイント

混雑時や開店前には入口に「順番待ちリスト」が置かれます。記入して車内で待つことができますよ。

イートインスペースは開放感たっぷり!

中央の入口から入ると、正面がレジカウンターです。右手と左手に客席が分かれています。

右手は数段高くなっており、南側の芝生が見えるように扉が全て開放されていました。

ニムラ
外が見渡せて、リゾートにきたみたい!

席は、8人掛けテーブル1卓と、4人掛けテーブルが1卓。テラスには2~3人用のソファ席が2つあります。
左手には、同じく8人掛けの大きなテーブルが1卓あります。

※芝生にあるテーブル席はテイクアウト用

メニュー&システム紹介

レジで先に注文し、番号が呼ばれたら商品をカウンターに取りに行くセルフ方式
のはずですが、取材時は混雑していたためスタッフさんが運んでくださいました。
崩れやすい商品もありますので、そのあたりは状況によって違うのかもしれません。

ニムラ
メニューは現在、かき氷のみです。(生いちごのスイーツは5月末で終了)
メロン系スイーツが7月下旬スタート予定!

ラインナップ

メニュー解説

・「器」と書かれた青色帯の商品はイートイン限定
・「カップ」と書かれたものがテイクアウト可能
・いちご系かき氷は似ているようでちょっとずつ違うよ!
→まんまいちご:冷凍いちご100%使用 氷なし
→○○ミルク:かき氷がミルクベース
・去年にはなかった新メニュー(アップルシナモン等)が登場!
・パフェとかき氷の違いは実食レポをチェック!

実食!夏パフェソフト700円+税と器のまんまいちごミルク750円+税

やっぱりいちご系が食べたい!ということで、夏パフェと器のかき氷を選びました。

夏パフェソフト

最大の特長は、下層にあるソーダ!!

ジェラートっぽい食感のソフトクリームをそっと崩して、氷部分を掬ってみると・・・、ソーダに溶けていい感じなんです!
ハロ〇ロにちょっと似てるような(笑)
ラムネを思い出させるのか、なんだか懐かしくなる味でした。

「夏パフェいちご」よりイチゴの量が若干減りますが、その代わりソフトクリームが乗ってクリーミーですよ。

NEXT:器のまんまいちごミルクを実食!

次のページへ >



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

© 2020 岡崎にゅーす