岡崎欠町の「Nippon食の森あざれあ」で ぶりしゃぶランチ!本格割烹が気軽に楽しめる!

みなさん、こんにちは。
新婚当初は一汁三菜だったのが、出産後、二菜になってるニムラです。三菜には戻れません。

さて、今回ご紹介するのは「Nippon食の森 あざれあ」さんです。

東公園駐車場の目の前にお店があり、公園に行く度にのぼりが気になっていたんです。

敷居が高いのかな、値段も高いのかな、と思っていたのですが、子連れでも気兼ねなく過ごすことができました。

またまた家族3人でランチに行ってみましたので、その様子をお届けします!

あざれあさんってこんなお店

3つのポイント!
① 2017年オープン	 
② 昼でも夜でもぶりしゃぶが人気!	 
③ 日本酒が豊富。
 宴会・会席の利用も多いとのこと

駐車場はお店の前と、道の奥に

駐車場は二か所あります。
一つ目は、店舗前の細い道の奥です。車ですれ違うことが難しい道ので、皆さん譲り合って通行されていました。
マンション住居者用と一緒の駐車場になっています。「ラピュタ」と書かれたスペースに駐車できます。

もう一つは、お店の前の砂利駐車場。

二か所とも、お隣の喫茶店ラピュタさんと共用です。

店舗は東公園駐車場の真ん前にあります。道を一つ挟んだ向こう側、ほんとすぐそこです。
いつもお店の側面しか見ていなかったので、正面からみるとまた印象が変わりますね。

さあ、入ってみましょう!


店内はこんな感じ

入口が開くと、真正面に厨房が見えました。
調理中の大将が「いらっしゃいませ!」と気持ちよくご挨拶してくれましたよ。

座席のタイプは3つありました。

入口から見て、左手がお座敷。右手がテーブル席、そして正面の厨房にはカウンター席がつけられています。

予約時に子連れであることを伝えたので、お座敷を用意してくださいました。

子供椅子・大人椅子もある

お座敷には、子供用の小さい椅子が2種類ありました!充実してますね。
大人用の椅子も用意されており、正座をするのがしんどい方は使ってらっしゃいました。

メニューはこんな感じ

お昼のメニューは、大きく4種類。

ランチ2種
御前2種(ランチよりバージョンアップ)
単品の丼もの・うどん
会席3種

お子様ランチがあるのは珍しいです!
娘が食べるには難しいものだったので、注文はしませんでしたが、ご用意があると歓迎ムードを感じますね。

やっぱり、名物ぶりしゃぶは食べたい!でも、二人とも2000円にするには、お財布的に・・・ゴニョゴニョ。
という逡巡を経て、

あざれあランチ(2000円+税)と彩りランチ(1500円+税)にしました!

いやいや、誰もが選びそうなパターンにしたんですよ、と誰に対してか分からない言い訳をしつつ。

せっかくの取材なので、何がどう違うか比べてみますね!

実食!ぶりしゃぶ

まず初めに、小さな土鍋とぶりしゃぶの食材が届けられました!
コンロを点火してお出汁が温まるまで、食べ方を読みましょうね・・・、と思ったら、意外と早く湯気が出始めましたよ。
蓋を取ると、お出汁のいい香り!!!あぁ、幸せ。

では、手順に書いてあるように、お野菜からいただきます!

ふわー!お出汁が美味しい!甘めの味つけ、好きです!!
なんだろう、みりんなのかな?料理酒なのかな?全く分かりませんが、まろやかな甘味がありました。

あぁ、気になる。解明したいから、ついついお出汁をおかわりしてしまいます。
実はあざれあランチ、夫の分なのですが(笑)

二人で分けて、2回分くらい野菜をしゃぶしゃぶできたので、たっぷり盛りですね。

では、本命のぶりをいってみます!!!一枚しかないので、湯通し加減のやり直しはききませんよ!
私が慎重に構えてましたら、夫はサクッとぶりを投入してました。
ふあぁぁ。おいしゅうございます。コメントがぶりにつられて、上品になりました。

ぶりの脂が程よく落ちて、角が取れた感じになりますね。
何枚でも食べれそう、というか何枚でも食べたいです!

オプションサービスで、雑炊やうどんを作ってもらえる!

のこったお出汁がもったいないなぁ、ラーメンのスープみたいに全部飲んでもいいかしら、と思っていたら、店員さんが声をかけてくれました。

このお出汁で、雑炊かうどんを作れますよ、と。いいタイミング!

即決で雑炊を一人前注文。

注文するときに食べきれるかな、と迷うかもしれません。
説明書きにも書いてあるように、ランチや御前についている、白米を断ることができますよ。

もちろん、雑炊やうどんを追加注文した上で、御前の白米も出してもらえます。
子供用に白米が必要であれば、ちょうどいいかもしれません。

ただ、成人女性には、ちょっと量が多いですよねぇ。
私も(夫の分のランチですが)白米を断り、雑炊に差し替えてもらう形にしました。

鍋を一度厨房に戻し、雑炊はランチと同時に提供してくださいました。

もし、オプション追加してなかったら、余ったお出汁はコンロごと下げられちゃうのかしら・・・。
そうなったら、(あ!ちょっ!!待って!!!)って心の中でしか言えない気がします(笑)

あざれあランチ 2000円+税

お出汁が入った鍋を見送ってから10分後くらいに、ランチが到着です。雑炊も一緒に乗っていました!品数多いですねぇ。どれから食べようかな・・・、ってこれは夫のでした(笑)

盛られているお皿は違えど、お料理は彩りランチとほぼ共通。一番の違いは、豚の角煮です。
デザートは同じものですが、お盆にはのっておらず、食後のドリンクと同時に出してもらえます。

雑炊を味見させてもらうと、ぶりの脂がとけて最高でした!!!
しゃぶしゃぶの時より、うま味が増していいるのでは?!

家で雑炊を作ると、ぐちゃぐちゃになってしまうのです。
プロが作ると「商品」としてキレイな仕上がりだからすごいなぁと思ってしまいます。

彩りランチ1500円+税

こちらも、ほぼ同時に提供してくださいました。
あざれあランチについていた、角煮の代わりに茶碗蒸しがあります。これだけでも、結構ボリュームありますね!
説明書きをつけていて気が付きました!
会席料理と同じ構成だったんですね!
先付け・お造り・焼物・揚げ物・蒸し物・ご飯、止め椀・水菓子(果物)、ほぼ全部そろってます。
結婚披露宴でよくいただく、あのフルコースが凝縮されているんですね!

その場では悲しいかな、まったく気が付かず。
真っ先に目に入った、お刺身からいただきました。
(コースで提供される順番で食べるのが、お作法らしいのですが、まあそこはご愛敬)

ロックグラスに盛り付けてるのが、おしゃれ!!
お味はもちろん、おいしい! ほぼトロなのでは?と思うくらい、しっかり脂がのっていました。
食べた瞬間に、お!って気づける新鮮さです。

幽庵焼きの鮭も、しっかり脂があったので、お魚の扱いがお上手なんですねぇ。
割烹料理屋さんなんだから当たり前かもしれませんが、一品ごとにプロの技を感じられると信頼につながります!

仕入れによって、天ぷらやお造り、煮物の食材が変わるそうです。一期一会のメニューという感じで、それもまた楽しいですね。

食後のドリンクはコーヒーか紅茶を選ぶことができ、アイスかホットも選択できます。
出すタイミングを見計らって、店員さんが声をかけてくれますよ。

予約状況

雑誌掲載があり、現在ランチは混雑している模様です。
取材時、開店と同時に3組が入店し、その後ぞくぞくとお客さんが。
12時半ごろにはほぼ満席になりました。

席の回転はゆっくりめです。私たちは1時間ちょっと滞在していました。

お座敷を希望される場合は特に、予約がオススメです。

夜メニューはこんな感じ

コースか、単品注文になります。
コースは完全予約制で、基本的におまかせです。

夜のお品書きも、前菜・刺身・焼物・・・とカテゴリーごとに分かれていますね。
もう一枚の、「本日の逸品」には、おばんざいのような親しみやすい料理がありました。

格調高い料理から、庶民派まで幅が広いなぁ。
あ!すごい!カイノミがある!!

ドリンクはこんな感じです。

やっぱり料理に合う日本酒が一番多く揃っていました。
クラフトビールが週替わりで楽しめるの点は、珍しいですね!

お魚が美味しかったので、ディナーの期待が高まります!!

気兼ねなく、手の込んだものを楽しめる

あざれあさんのランチはいかがでしたか?
割烹(会席料理がでるお店)というジャンルではありますが、かしこまった雰囲気はなく子連れでも気兼ねなく過ごせましたよ。

店内のほとんどが、女性グループ・3世代家族でした。
個室にはなってないので(ロールカーテンで仕切ることは可能)、混雑時にはワイワイ活気がありました。

高級すぎると子供は連れて行けないし、でも、チェーン店じゃなくて手の込んだものを食べたいな、という時にいいな、と思いました。

現場からは以上です。

スポンサーリンク


情報まとめ

Nippon食の森 あざれあ

住所:岡崎市欠町栗宿1-1

電話番号:0564-73-1588

営業時間
ランチ11:30~14:00(l.o.13:30)
ディナー17:30~22:30(l.o.22:00)

定休日:月曜日・第三日曜日

駐車場:12台

席数:43席

ランチ時は完全禁煙
ディナー時はお座敷禁煙、テーブル席とカウンター席が喫煙可能

 

 

岡崎にゅーす掲載について

月間72万アクセス,月間ユーザー19万人の岡崎にゅーすに掲載しませんか?
お店のPRやキャンペーン、イベント告知をご希望の方は下記からどうぞ!
 

▷記事掲載の詳細はこちら!
 

ニムラ
岡崎のことをなんでも知りたい、名古屋出身の一児の母。財布を忘れてコメダに行くほどのおっちょこちょい。