オトリバーサイドテラスのMellows(メローズ)でランチ!東岡崎の人気店になる予感!

みなさん、こんにちは。
オトリバ記事ばっかり書いているニムラです。魅力的なお店が多いので仕方ないですね(笑)
今回は、カフェ+ダイニングバーのMellows(メローズ)さんをレポートします!

おそらく、多くの方が「メローズさんって、どんなお店なの? 調べてもよくわからないなぁ」と思っているのではないでしょうか。

実際に、お店のメニュー看板をじーっとみて、迷っている方が何人かいらっしゃいました。
あー!待って!行かないで!めっちゃ良かったから!って店内から声かけたかったです(笑)

情報が少ないと、入店する踏ん切りがつかない、ということもあるでしょう。
そんな方のために、お節介おばちゃん精神で記事を書きました。

お店選びの参考にしてくださいね。

外観・内装はこんな感じのお店です

メローズさんは、オトリバ北棟の3階にあります。ライトカフェの真上です。
ペデストリアンデッキから歩いてくると、家康像の背後にあり、最初に目に入ってくる飲食店です。

角地にあり、お店は全面ガラス張り。眺めの良さが期待できますね!
3階の中では、最も面積が広い店舗ですよ。

お店のロゴに、ヤシの木とサーフボードが入っていますね。アメリカ西海岸を、イメージしているそうですよ。
それでは、お店の中にはいってみましょう!

天井からは、フェイクグリーンと裸電球があちこちから吊り下がっています。
なんだか、おしゃれな海の家みたいです。
椅子やソファが青色系で統一されて、洗練された感じを受けました。

先ほどの写真は、一番奥の座席から入口を見るようにして撮影しました。

一番奥、家康像の近い側が、眺めがいいソファ付テーブル席です。
家康像を背にしてソファに座ると、正面が厨房。白い壁の向こう側が一段高くなっているので、視線が合うことはありません。
厨房から、視線を手前に戻してくると、白い壁の前に、ボックスタイプのソファ席が3つあります。ボックス席とソファ席の間には、4人掛けのテーブル席が3脚設置されていました。

男性がおひとりでいらしたり、二人組で来店されていましたよ。


電源あり?&喫煙室あり

店内環境の追加情報です。

白い壁の手前にあるソファ席の両端は、コンセントがついていました。
問い合わせてはいませんが、使用できれば嬉しいですね。

メローズさんの店舗内には喫煙室が設けられています。
お手洗いの隣です。
川に面した外の通路から、写真を撮ってみました。


メニューはこんな感じ

ランチメニューは、前菜+料理+ドリンクの構成になっています。

料理がパスタなら1400円。
ロコモコやハンバーガーは1500円。
メイン料理の違いにより、金額差が出ています。

アメリカ西海岸っぽく、ロコモコやハンバーガーがありますよ。
この日は、パスタを注文している人が多かったかなぁ。

すでにランチメニューが8種類もありますが、さらに、近日中にはマスキングテープで覆ってあるメニューも増えるそうですよ!
ランチが9種類!豊富ですねぇ。

デザートは追加で200円かかりますが、ミニソフトクリームをパフェつけられます。

私は、「タンドリーチキンのガーデンダブレサラダボウル(1500円+税)」を選びました!
ガーデンダブレって何だろう?と気になったのです。
珍しいメニューを見かけると、チャレンジしたくなるタイプです。

ドリンクメニューがたくさんありますよ。

昼間からアルコールも飲めます!実際に飲んでる方を発見しました!
いいなぁ。駅近くのお店だからこそ、かもしれませんね。
充実したラインナップである理由は、後程!!

実食!前菜3種

注文してすぐに、前菜と飲み物が提供されました。
この前菜、クオリティがめちゃくちゃ高かったです!

事前情報が全くつかめず、期待より不安が多かった心境が一変!
ス・テ・キ!!(古い)

内容の詳細は、写真をご覧ください。

3種類の前菜とメニューに書いてありましたが、それ以上の品目!
うずら卵にも、ちゃんと味がつけてありました!

テリーヌをマスタードソースで固定している手法は、格式あるレストランでよく見ますよね。
私は、このテリーヌが一番好きだったなぁ。ソーセージみたいにハーブが効いていて、まじりっけなしのお肉の味がしました。

簡単なサラダ+スープで済ませてしまえば、コスト削減できるのに、手間をかけてくださっています。
お皿もスタジオエムだし!(料理人やテーブルコーディネータ―がこぞって使う、日本ブランド食器です)
この前菜だったら、来店二回目でも満足できる!と思えました。

ちょっとずつ嗜んで食べていたら、メイン料理が到着しましたよ。

タンドリーチキンのガーデンダブレサラダボウル(1500円+税)

サラダボウルの色合いが綺麗!
寒色系で纏められた背景に、カラフルな料理が映えるなぁ。
これまた、たくさんの野菜が盛られていましたよ。
タンドリーチキンも、これまた手が込んでるように感じました。
一口食べると、
あれ? なんだか普通のカレー粉とは違うぞ?
ということは、分かるんですが、それ以上のことは分かりそうで、分かりません。

なんだろう、気になるこの料理、と思っている時点で、お店への警戒心はすっかり解けて、興味津々。まんまとお店の知略にはまってしまいました(笑)
悔しいのですが、それが楽しかったりもします。

唯一言えるのは、インドカレーな味より、メキシカンな味。そして、辛くないということです。

最後に、またしても私のおっちょこちょい話を。
野菜をひっくり返してボウルの底をみても、野菜があるのみ・・・。

炭水化物がありませんでした。サラダボウルなんだから、そりゃそうですね。

軽めのご飯を求めてる方には、とってもいい内容だと思います!!

14時以降のメニューはこんな感じ

ランチメニューが終了してからの、14時以降のメニューです。

デザートや軽食もありますし、ディナーのコース料理もありますよ。

こちらも、マスキングテープが貼ってあるものは、近々お目見目します。
調理の手順や混雑具合を考慮して、オープン初日から少しずつ増やしているそうです。

実は、メローズさんは、東岡崎駅前の「ブリティッシュパブ クオーターズ」さんの姉妹店です。
ラグビー記事を書かせてもらう際、クオーターズさんにお邪魔しました。その時に、食事メニューの充実ぶりに驚きました。
もちろん、アルコールドリンクへのこだわりは、いうまでもありませんね。

25時まで営業していて、女性が入りやすいお店は東岡崎駅前に少なかったので、夜カフェとして立ち寄ってもいいですね!

高めランチに見合うだけのクオリティ

メローズさんのランチレポートはいかがでしたか?

オトリバ内のお店で、ランチの値段は高い方だと思いますが、美味しい物を食べた!という満足感がありましたよ。
ランチメニューの種類も、他店より多いように感じました。

料理は美味しいし、男性女性問わず入りやすいお店だと思うので、リピーターさんが増えそうな予感がします!というか、私がリピーターになりそうです!(笑)

現場からは以上です。

スポンサーリンク


情報まとめ

Mellows(メローズ)

住所:岡崎市上明大寺町2-14-1
オトリバーサイドテラス北棟301

営業時間:11:00~25:00(通し営業)

定休日:月曜日

座席数:70席

店内禁煙(喫煙ブースあり)

オトリバ併設駐車場の90分サービスあり

 

 

岡崎にゅーす掲載について

月間72万アクセス,月間ユーザー19万人の岡崎にゅーすに掲載しませんか?
お店のPRやキャンペーン、イベント告知をご希望の方は下記からどうぞ!
 

▷記事掲載の詳細はこちら!
 

 

ニムラ
岡崎のことをなんでも知りたい、名古屋出身の一児の母。財布を忘れてコメダに行くほどのおっちょこちょい。