つけ麺丸和 岡崎分店へ!こってりスープの丸和つけ麺を実食! - 岡崎にゅーす

各種SNS(フォローミー!!)

岡崎にゅーすについて

岡崎にゅーすは2017年に開設された地域メディアサイトです。岡崎市を中心とした地域情報の発信を行なっております。ご用のある方はお問い合わせからご連絡ください。

※サイト記事内の情報は記事執筆時点のものとなりますのでご注意ください。また、サイト内の画像の転載,加工掲載は禁止とさせて頂いております。

岡崎にゅーす グルメ全域 岡崎×グルメ ラーメン

つけ麺丸和 岡崎分店へ!こってりスープの丸和つけ麺を実食!

こんにちは、ライターの『まっすー』です。

今回は岡崎市緑丘に8月中旬にオープンしたばかりの、「つけ麺丸和 岡崎分店」をご紹介させて頂きます。

まっすー
こちらのお店は「こってりスープ(丸和)」と「あっさりスープ(喜六)」の2種類のつけ麺が有名なお店です。

 

気になるメニューや駐車場の場所など、詳しくレポートしていきますので、最後までご覧くださいませ!

外観と駐車場について

こちらが「つけ麺丸和 岡崎分店」です。

駐車場は店舗前と第2駐車場もあります。

第2駐車場は店舗の向かい側です。

信号を渡らなければいけませんが、こちらの方が駐車しやすいのでおすすめです。

まっすー
また、日曜日の夕方18時のオープン前には8人の列が出来ていました。

 

さすが人気店だけあって、岡崎分店でも列ができていますね!

店内の様子を紹介!

まずは店内の様子をご紹介していきます。

席はお座敷のテーブル席とカウンター席となっていて、家族連れも、お1人様も、どちらも気兼ねなく食事ができますね。

また、「お水」と「おしぼり」はセルフサービスとなっていました。

丸和のメニューをご紹介!

~ラーメン~

・丸和つけ麺全部のせ(税込1420円)

・丸和つけ麺(税込950円)

・喜六つけ麺全部のせ(税込1320円)

・喜六つけ麺(税込850円)

・中華そば全部のせ(税込1270円)

・中華そば(税込800円)

・丸和中華そば全部のせ(税込1400円)

・丸和中華そば(税込930円)

~麺の増量~

・大盛り300g(無料)

・特盛500g(200円)

・特盛600g(300円)

・特盛700g(400円)

・特盛800g(500円)etc

~トッピング~

・チャーシュー(税込350円)

・メンマ(税込120円)

・味玉(税込120円)

・生玉子(税込50円)

・白飯(税込150円)etc

まずは食券を購入しましょう。

「中華そば」も気になりましたが、初めて食べるお店なので、無難に「丸和つけ麺全部のせ」にしました。

店員さんに食券を渡すと、大盛りにするか聞かれるので、その時にどうするか伝えてください。

まっすー
特盛以上は食券機で購入となります。

丸和つけ麺全部のせ(税込1420円)

さて、運ばれてきました。

こちらが、こってりスープの「丸和つけ麺全部のせ」です!

スープの中には、チャーシュー、メンマ、なると、が入っていて、その他にチャーシュー3枚と味玉が付いてくる贅沢な内容になっていました!

それでは早速、いただきます!

まっすー
自家製の平打ち麺に熱々のスープが絡まって旨い!

 

スープの味は魚介豚骨で濃厚です。

つけ汁が石鍋で提供されるので、最後まで熱々で食べられるのは嬉しいですね!

続いてチャーシューもいただきます!

1枚でも食べ応えがありますね。

ただ、チャーシュー自体に味がついていないので、つけ汁を絡めて食べるのがおすすめです。

メンマは太めで食感が良いですね。

最後は、味玉です。

そのまま食べても美味しかったのですが、スープを絡めて食べても良かったかもしれないですね。

試すのを忘れました…。

お箸が止まることなく、300gの麺もあっという間に、完食!

ごちそうさまでした!

今回、ご紹介した「つけ麺丸和 岡崎分店」はとても美味しいつけ麺が味わえるお店でした。

あっさりスープの喜六つけ麺や中華そば等、気になるメニューがあるので、また食べに行こうと思います。

みなさんも是非、一度、食べに行ってみてください。

まとめ・概要

つけ麺丸和 岡崎分店

岡崎市緑丘3-8-8

TEL:090-4080-7453

営業時間:11時~14時

18時~21時(L.O.20時45分)

定休日:月曜日

駐車場:あり

 


こちらもCHECK

つけ麺専門店の真心堂岡崎店へ!贅沢な伊勢海老つけ麺を味わいに!

こんにちは、ライターの『まっすー』です。 今回はアピタ北岡崎店の近くに2022年4月7日にオープンした、つけ麺専門店の真心堂に行ってきました! まっすー 伊勢海老つけ麺が味わえるとのこのお店、どんな味 ...

続きを見る

© 2022 岡崎にゅーす