豚骨麺屋一番軒の岡崎六名FC店へ!選べる替え玉、好みの味も設定可能!! - 岡崎にゅーす

各種SNS(フォローミー!!)

岡崎にゅーすについて

岡崎にゅーすは2017年に開設された地域メディアサイトです。岡崎市を中心とした地域情報の発信を行なっております。ご用のある方はお問い合わせからご連絡ください。

※サイト記事内の情報は記事執筆時点のものとなりますのでご注意ください。また、サイト内の画像の転載,加工掲載は禁止とさせて頂いております。

 


 

岡崎にゅーす グルメ全域 岡崎×グルメ ラーメン

豚骨麺屋一番軒の岡崎六名FC店へ!選べる替え玉、好みの味も設定可能!!

こんにちは、ライターの『まっすー』です。

今回は岡崎警察署のすぐ近くにオープンした豚骨ラーメンのお店「豚骨麺屋一番軒」をご紹介させて頂きます。

まっすー
こちらのお店は家系のような太麺ではなく、細麺が特徴の博多の豚骨ラーメンです(中華麺も選べます)。

 

詳細にレポートしていきますので、最後までご覧くださいませ~。

一番軒の外観と駐車場について

さぁ行ってきました!豚骨麺屋一番軒!

赤いのれんとライトアップされた看板で目立ちますね。

この日は平日の18時30分頃でしたが、駐車場は8割型うまっていました。

店内はカウンター席、2人席、4人席といずれも空席があり、待たずに入店できましたよ。

豚骨麺屋一番軒のメニューについて

それではどんなメニューがあるのか見ていきましょう。

白豚骨(基本の一杯)

白豚骨:税込700円

味玉入り:税込820円

贅沢盛り:税込960円

黒豚骨(焦がしニンニク油)

黒豚骨:税込750円

味玉入り:税込870円

贅沢盛り:税込1010円

赤豚骨(辛くてシビれる)

赤豚骨:税込780円

味玉入り:税込900円

贅沢盛り:税込1040円

つけ麺(濃厚魚介豚骨)

つけ麺(熱盛り、冷盛り):税込880円

味玉入り:税込1000円

贅沢盛り:税込1140円

替え玉

博多麺:税込130円

中華麺:税込130円

追いスープ:税込120円

写真を取り忘れてしまったのですが、餃子や唐揚げ等のメニューもありました。

今回は、「黒豚骨味玉入り」と餃子を注文しました。

ちなみに、注文の際にかなり細かくカスタムできるので、自分好みのラーメンにできるのは面白いですね。

黒豚骨味玉入り(税込870円)

ジャジャジャジャーン!

「黒豚骨味玉入り」が運ばれてきました!

綺麗に盛り付けされていますね。

それでは早速、頂きます!

まっすー
バリカタの細麺が最高!これが博多ラーメンの良さですよね。

 

焦がしニンニクが効いているのか、豚骨の臭みはなく、旨味の強いスープも抜群です。

このチャーシューの色を見てください、綺麗なピンク色!

見た目からして美味しそうですよね。

では、頂きます。

まっすー
文句なく旨い!

 

大判なので1枚でも十分満足できました。

最後は、味玉です。

まっすー
この火の入り方も絶妙ですね。

 

味はもちろん美味しかったです。

まっすー
一杯だけでは物足りなかったので、替え玉を注文しました!

 

うずらの卵が付いてくるのは珍しいですね。

ちなみに、セルフコーナーには無料の紅ショウガ、高菜、キムチがあるので、お好みでトッピングできますよ。

肉汁餃子(税込350円)、手羽餃子(税込480円)

小ぶりな餃子が4個入りです。

普通の餃子で美味しかったですよ。

手羽先の中に餃子のタネが入っていました。

パリパリした皮の食感と、肉汁たっぷり餃子のタネのコンビは合いますね!

おすすめです!

友人や家族と楽しめるラーメン屋さん

「豚骨麺屋一番軒」は、活気が溢れる店内と豊富なメニューでとても賑やかなラーメン屋さんという印象でした。

まっすー
ガヤガヤした雰囲気が好きな方にはピッタリだと思います!

 

また、豚骨ラーメンは食べたいけど「一蘭」はサイドメニューが少ないからな・・・、という時は「豚骨麺屋一番軒」がおすすめです。

かしこまったお店ではないので、友人やご家族で外食するには良いお店かなと思います。

是非、一度、食べに行ってみてください!

まとめ・概要

豚骨麺屋一番軒 岡崎六名FC店

岡崎市南明大寺町3-16

TEL:0564-64-2065

営業時間

11:00~15:00

17:00~23:00

定休日:月(祝日の場合は営業)

駐車場:あり

 


こちらもCHECK

有楽家岡崎宇頭店へ家系ラーメンを味わいに!!

どうも、岡崎にゅーすの『まっすー』です。 今回ご紹介させて頂くのは、横浜家系ラーメンのお店です。 岡崎で家系ラーメンと言えば、まんぷく家を思い浮かべる方も多いと思いますが、今回は「有楽家」というお店で ...

続きを見る

© 2022 岡崎にゅーす