【節約】イオンカード WAON(ワオン)カードってお得なの?違いを調べてみた!

 

毎回イオンに行くたびに「イオンカード、ワオンカードはありますか?」と聞かれて今まで「ありません」と流していました。が、実際に知らないものを無視するのもあれかなと思いまして、今回ちょっと調べてみました!早速詳細を書いていきますね!

イオンカード入会は意外にお得だった件

イオンカードセレクト

参照:イオンカードセレクト

言葉で説明すると分かりにくいので、表にして説明します。

カード名 イオンカード(WAON一体型も可能)
発行費用・年会費 無料
ポイント 200円で1ポイント(1P1円換算)
還元率(グループ店) 1%
5%OFF 毎月20日・30日
ポイント5倍 毎月10日
シニア 毎月15日(5%OFF)
イオンシネマ 毎回300円OFF

 

なるほどね。イオンでよく買い物する人にとっては結構いいかも。イオンシネマで映画を見る方も毎回300円オフなのでここも結構いいポイントですね。次はWAONカードを見てみましょう。


WAON(ワオン)カードについて

WAONカード

WAONカード

参照:WAONカードサイト

こちらも表にして説明。

カード名 WAONカード(電子マネー)
発行費用・年会費 発行費用300円・年会費:無料
ポイント 200円で1ポイント(1P1円換算)
還元率(グループ店) 0.5%
5%OFF 毎月20日・30日
ポイント2倍 毎月5日・15日・25日
ポイント5倍 毎月10日
シニア 毎月15日 5%オフ

 

なるほど。電子マネーのカードなんだね。イオンカードと比べるとポイント2倍の欄が増えてますね。でも映画の300円オフはないみたいだ。発行費用も結局かかるし、イオンカードのWAON一体型にしておいた方がお得だな。イオンだけじゃなくて使える店もいろいろあるみたい。

>>>ワオンカードが使える店一覧

 


イオンカードセレクト入会などをすると普通預金の金利が0.1%(最大0.12%)に!!

イオンカードセレクトに入会すると、イオン銀行スコアが10点プラスされます。イオン銀行では合計50点付くと0.1%の金利優遇が普通預金の状態でつきます。

 

お金を預けておくだけで、なんと金利が0.1%(変動金利)付く状態にできるとはすごい!(イオン銀行のステージランクによって金利が違います。)

 

ちなみにゆうちょ銀行の普通預金の金利は現在0.001%です。その差100倍!!!ってかゆうちょってそんなに金利つかなかったのかよ。。。定期にしてもゆうちょだと0.01%で10倍以上の差があります。これは結構すごいこと!0.1%と0.001%を比較してみます。

 

参照:ゆうちょ銀行利率

普通預金額 金利0.001% 金利0.1% 差額
100万円 10円 1,000円 990円
500万円 50円 5,000円 4,950円
1,000万円 100円 10,000円 9,900円

 

仮に1000万円ゆうちょに預けたとしましょう。ゆうちょの場合は100円しか金利が付きませんが、イオン銀行だと1万円以上もらえます。おじいちゃん・おばあちゃんとかはそのままゆうちょに入れてそうだな。。。

 

イオンカードには他にも色々特典がありますが、調べてみたところ金利優遇が一番のポイントでしたね。資産運用が苦手、お金をほぼノーリスクで少しでいいから増やしたいという人には結構いいです。(イオンカード入会時にイオン銀行の口座開設できます。)

 

1000万円までは預金保険制度があるので、万が一があっても大丈夫ですね。

 

細かい詳細は以下リンクをご覧ください。50点以上あれば0.1%つくので、日常からイオンを使う方にとってはそんなにハードルが高くなさそうです。

 

>>>イオン銀行ステージランク

 

今なら新規入会で最大8000ポイントがゲットできる!

 

2018年9月1日(土)~2018年11月30日(金)の期間中に対象カードに新規お申込みいただき、一定金額以上利用される方が対象となります。新規入会するだけで1000円分のポイントもゲットできるみたいです

 

下記リンクから入会申し込みができます。11月末までの期間限定のキャンペーンなのでイオンでよく買い物をする方は申し込むといいですよ!


>>イオンカードセレクト

 

スポンサーリンク


まとめ

今回はイオンカードとワオンカードについて調べてみたよ!って記事でした。これから少しずつお金・節約関係の記事もポツポツと書いていこうと思います。良かったらご覧ください!

 

Naka
愛知県岡崎市出身在住。岡崎北高卒。コメダが好きな善良市民です。